㉚便利に感じたツールなどその2

DSC_0003.JPG
ご協力サイト自分





前回の最後のほうは話がネットビジネスになってしまってました。
いつもそのときの勢いで記事を書いてしまうので、気がついたら全然違う方向に行っていたということはしばしばあると思います。


しかし、旅というものはなにが起こるかわからないのが旅なんです。
旅と言えば、昔っていうか今でもそうですが水曜どうでしょうっていう番組が好きで、知っている人は熱狂的なファンの方も少なくないのではないでしょうか。


そう、大泉洋さんがデビューした番組で、第一回目の放送なんて大泉さんがまだ大学生でしたからね。
ちょうどあのころの私はPTSDになってた(ストレスの記事でも書きましたが)ころで、水曜どうでしょうの中の大泉さん、ミスター、藤村D、ウレシ―の4人にどれだけ助けてもらったことか量り知れません。


そのころはPTSDからちょうどうつ病に差し掛かった時だったと思います。
このままいつ死んでもおかしくないような毎日に、この番組が生きる力を与えてくれました。
なぜかあの雰囲気って、「あ、生き方ってこれでいいんだ!むずかしく考えなくていいんだ!もう少し力抜こうよ!」っていうのが伝わってくるんですね。


今も目の前で使っているマウスパッドもそのときに買ったやつですし(記事タイトルの写真)、
なんとカブも買ったんですよ!番組の中で乗っているのとは少し違って、リトルカブというカブよりもひとまわり小さいやつを買って会社の通勤やプライベートでののんびりひとりツーリングに行っていました。


真冬で雪が積もっていてもそのリトルカブで通勤していましたので、もう寒いなんてもんじゃないです。
走ってると来ている服が凍るのですから、なかなか凄まじい通勤でした。
さらにアイスバーンなんてなると、会社までの10キロの間の8キロくらいは滑って横向きになりながら進んでいましたから。


そんな生活を昨年の秋まで続けて、今年もまた冬が来るぞ!って考えた時についに車を買いました。
石の上にも3年ならず、雪の上にも3年をクリアしたのと、水曜どうでしょうのおかげでうつ病も改善することが出来たことで、いろんな意味で卒業させてもらいました。


リトルカブ(黒)は新車で買って、まだ5年未満で今は乗らず自宅の自転車置き場で休憩しています。
たまにエンジンをかけてあげているのですが、セル一発絶好調スタート!でいつでも発進できる状態です。


でも基本は乗ってないので置いておくのもかわいそうで、どなたか大切に乗っていただける方も涙ながらにお探ししています。
もしご希望の方があってもそのあとどのようにしたらいいのかわかりませんので、譲ってくださいなどのご要望にはお答えできかねますことをお許しください。


そんなこんなでぜんぜん話がそれまくりましたが、
「何がおこるかわからないから旅なんだ」っていう水曜どうでしょうの教えをきっちり守ることが出来ましたので、今日はこれでよしとします。


ちなみに便利に感じたツールは、roboformで、ログインIDやパスワードなどを自動で一括管理してくれる優れものです。








この記事へのコメント


この記事へのトラックバック