④③「iPhone 5c」のバッテリーを交換してみました~

o0209016013145403192.png
ご協力サイトビヨビヨイラスト工房




今日は子供の「Iphone5c」が、最近いくら充電してもぜんぜん貯まらず、どうもバッテリーのせいだということで交換してみる事にしました。店で交換すると結句な金額になるし、自分でやっても結構簡単に出来るので間違いなくやったほうがいいです。



っていうことで、いつも来てくれる皆さんのために頑張って作業工程の写真を撮ったので、順を追って分かりやすく?説明してみようと思います。
SIMスロットの横のビスは、ドライバーじゃなくて特殊な工具が必要なので、工具付きのバッテリーセットを購入しました。




まずはじめにバッテリーセットに一緒に入ってきた工具。
DSC_0048.png



SIMスロットの横の特殊な形をしたネジ(矢印のとこ)を外して、ガラス部分をパカッと外します。(SIMの逆側は配線が繋がっているので注意!)
もし開きにくかったら、下の写真のように吸盤を使います。
DSC_0019.png


DSC_0020.png




〇で囲んであるネジを外しますが、それぞれ長さが微妙に違うので外した後はわかるように置いとかないと、訳が分からなくなります。
DSC_0021.png

グリグリ・・
DSC_0022.png



覆っていた金具を外したら、青いヘラみたいな工具でテコの原理で下からクイッと起こすようにして、コネクター3か所を右から順番に外します。
DSC_0023.png




外れるとこんな感じで、本体とガラス部分が完全に分かれます。
DSC_0025.png




もう一つ金具を外します。このネジは2つとも同じ長さです。
DSC_0026.png


金具が外れたとこ。
DSC_0029.png




さっきと同じようにコネクター2か所を外します。これはどっちが先でもいいです。
これでバッテリーが取り外せる状態になります。
a.png




ここから横向きに撮影しています。
いよいよバッテリーを外します。
バッテリーの底の部分が両面テープで本体にくっつけてあるので、まず両面テープを引き抜きます。
両面テープの端の部分が引っ張ることが出来るように、ドライバーでコジ上げてるところに埋まっていますので、まずそれを引き出します。
DSC_0034.png


指でつかめるくらいまで出てきたら、指でつまんで引っぱります。
ここは分かりにくかったので、コマ送りにしてみました。頑張っていると、ゴムみたいにビヨーンと両面テープが出てきます。
DSC_0031.png

DSC_0032.png

DSC_0033.png

DSC_0035.png

DSC_0036.png




ここからまた画像が縦向きです。
両面テープがきれいに抜き取れるといいのですが、たぶん手元で切れてしまうと思います。
もし切れても、そんなことは気にせずに進めます。
次はバッテリーを外しますが、両面テープでくっついているので付属のヘラみたいなのでコジ上げます。
横の機器を傷つけないように両面テープからはがしていきます。(けっこう強力なので注意!)
DSC_0038.png


ようやく剥がれたとこ。
DSC_0040.png


こんな感じになります。
両面テープが手元で切れたので、そのまま残っています。ちなみに赤い矢印のところが、両面テープの切れた部分です。
DSC_0042.png



これで取り外す作業は終わりなので、あとは新しいバッテリーを逆の手順ではめて、もろもろを組み立てて終了です。
ちなみにそれぞれのネジはこんなふうに、あった場所をイメージしながら置いて行きました。
DSC_0044.png



こうやって画像や説明にするとややこしそうに見えますが、ぜんぜん楽勝ですしかなり安くて済みますのでおすすめで~す。
他に記事も書こうと思いましたが、画像をいじくるのはかなり疲れますので、この辺にしときます。



ぜひ、バッテリーがぜんぜん充電しませんやん!っていうときにご活用ください。
一応、恒例になってきましたがバナーも右の方に貼っておきます。






この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/439026165
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック